パソコン奮闘日記

ハードディスクを増設しよう

ということで、ハードディスクを増設することにしました。

増設は2本目ということでSLAVEに設定し、ケーブルを接続してウインドウズを起動。

この状態ではドライブを認識してくれないので、MS−DOSプロンプトでFDISKを使ってMSーDOS領域を作成します。
ハードディスクのドライブを間違わないようにします。
間違ってしまうと、とんでもないことになってしまいます。

MS−DOSプロンプトを終了し、マイコンピュータを開くとハードディスクのアイコンが追加されます。
これでウインドウズが新しいドライブを認識してくれます。

新しいドライブで右クリックし、フォーマットを選びます。
システムファイルのコピーを選択して開始をクリックする。
フォーマットが完了すれば、新しいドライブが使用できる状態になります。

エクスプローラーで元のドライブのコピーをして、新しいドライブに貼り付けしますが。
この様にコピーするとwin386.swpファイルがコピーできませんとメッセージが出ます。
そこでこのファイルはコピーせずにおきます。

これで一応、完了です。

新しいハードディスクで起動できるかを確認します。

古いドライブを取り外し、新しいドライブをマスタに設定しなおします。
電源を入れて起動すると元のとおり同じドライブが出来ました。

ところで確認のため、エクスプローラでwin386.swpを検索すると自動的に作成されたいました。

これでハードディスクのクーロンが完成しました。

古いハードディスクを元に戻し、バックアップが完成しました。

PS.
BIOSの設定を変更しないといけないとか、いろいろあると思います。
個々の条件によっては上手くいかないことがあるかもしれません。
当方では一切の責任は負えませんので念のため。

また、仮想メモリーをシステムのプロパティで設定しないと上手くいかないというこも聞きましたが、私の場合は設定をさわらなくても大丈夫でした。

戻る  パソコン日記TOPへ ホームへ